• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

2020/02/26 15:07

アーユルヴェーダは、インドのヴェーダ文化に起源を持つ5,000年前の自然治癒システムです。長年の外国による占領中に抑圧されてきたアーユルヴェーダですが、その後発祥の地のみならず世界の人々に受け入れられ大きな復活を遂げました。

 

チベット医学と漢方薬は両方ともアーユルヴェーダをルーツとしており、初期のギリシャ医学もまた、数千年前の古典的なアーユルヴェーダ医学テキストに記述された多くの概念を継承しています。

 

アーユルヴェーダは単なる病気を治療するためのシステムではありません。人間の可能性を最大限に引き出し、人々が活力ある生活を送るために発見された「生命の科学」なのです(アーユル=生命、ヴェーダ=科学または知識)。

 

理想的な日々を過ごすための季節のルーティーン、食事、行動、感覚の適切な使い方に関するガイドラインを提供するアーユルヴェーダは、健康というものが、私たちの環境、身体、心、精神のバランスで成り立っているということを思い出させます。


 


サンスクリット語で健康を意味する“スバスタ”とは、心、魂、感覚が調和して相互作用し、人が、清い自我、健やかな体、そして至福さえも感られる状態を指します。この次元に到達することは、大変高尚な目標のように思えるかもしれませんが、アーユルヴェーダはそこに到達するための、洗練された科学的なテクニックを提供してくれます。

 

アーユルヴェーダがどのように役立つかを学ぶ前に、まずアーユルヴェーダの視点から自分自身を見つめる直す必要があります。最初のステップは、深遠なる宇宙の法則に基づくアーユルヴェーダの基礎概念を理解することが大切です。

 

 アーユルヴェーダの考え方とは・・・

•自然法則を理解することで

•さまざまな健康状態またはバランスの乱れの原因を特定して

•よりよい幸福の道への気づきを得る

 

 

これらの基本的な原則を洞察するで、アーユルヴェーダが時代を超越した科学であり技術(智慧)であることが理解できるようになります。